エドガーケイシー学園エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎



美人は一日にして成らず

美人は一日にして成らず



美人の代名詞にもなっている女優の山本冨士子さん。先日、「徹子の部屋」に出演されているのを久々に拝見しました。年齢を計算してみると、70歳 前後のハズなのに、とてもキレイ!もちろんライトを浴びて、キレイに映るように工夫をされているとは思うのですが、それを考慮してもやはりキレイ! 黒柳 徹子さんも、「なんでそんなに美しさを保てるのか」と根ほり葉ほり聞いていらっしゃいましたが、近くにいても、その秘訣を聞きたくなるくらい美しいのだと 思います。

  徹子さんが突っ込んで聞いて下さったお陰で、山本冨士子さんの美しさの秘密が少し分かったのですが、実は「これってまるでケイシーだわ」って思うほど、ケ イシーの勧めた方法とそっくり。残念ながら、同じことをやっても顔の作りは山本冨士子さんにはなれませんが、顔の印象は変えられます。少しの努力でキレイ になれるんですから、これからよーいドンでスタートして、みんなでキレイを目指しませんか? (ちなみに、山本冨士子さんは、これを毎日欠かさず、もう十 年以上続けているそうです)

山本冨士子さんが「毎日」実践していること
1)毎朝ニンジンとセロリを中心にした野菜ジュースを作って飲む。
2)夜は、トマトを絞ってトマトジュースを飲む。
3)毎日30分はストレッチ体操を行う。歩けるときには歩く。歩けないときには家の中を歩く。
4)食事は野菜と果物中心。市販のお弁当は食べない。

どうですか?ケイシーの勧めた方法に似ていませんか?もちろん細かい違いは若干ありますが、これを毎日継続できたら、10年後には山本冨士子のヤマくらいにはなれそうです。

 でも、ここで注意したいのは、野菜や果物のジュースは飲む直前に自分で作ること。この新鮮さが重要です。スーパーで売っているパックのジュースでは決してありません。キレイを目指すのなら、そういう手抜きは駄目ですよ。たまに、ストレートジュースを飲むくらいの手抜きはOKでしょうが、ラベルに「濃縮還元」と書いてあるジュースは、絶対駄目です。濃 縮還元ジュースは、殺菌処理の過程で、すでに酸化しており、また野菜や果物が持つ栄養素も壊れてしまって本来の野菜や果物とは、かけ離れたものになってい ます。またこういったジュースを飲むことで「野菜や果物を摂ったつもり」になって、毎日の食事がおろそかになりがちです。ですから、ジューサーとミキサー のない方は、八百屋の前に、まず電気屋に直行して下さい。

 次にストレッチと散歩も老化防止には重要です。筋肉を一番駄目にする方法ってご存じですか? それは、安静にしていること、身体を動かさないことなんです。筋肉はたとえ100歳 の方でも鍛えれば、発達していきます。身体の毒素を排泄するリンパには心臓のようなポンプがなく、筋肉の働きによって、排泄されていきます。つまり筋肉が 弱ってくると身体の毒素も体内に溜まりがちになってしまいます。体内に澱みがなく、いつもスムーズに体液が流れていくと、物事に対しても前向きになり、グ チグチやイライラもどんどん体外に排出して、心までキレイになっていきそうです。

  ある本に、普遍的な法則として「できる人ほど努力する」と書かれていました。私は自分の怠慢を当てられてしまったみたいで、笑ってしまったのですが、これ はつまり、勉強する必要がないほど勉強が出来る人が勉強にいそしみ、もっと勉強したほうがいいと思われる人は全然しない。美しい人は、日々自分の身体に気 を配って美しさに磨きをかけさらに美人になり、そうでない人は、少しは努力すればいいのに、テレビの前でゴロゴロしている。そして、どんどん差がついてし まう。

  徹子の部屋を見ながら私は「山本冨士子さんも、この法則通りだわ」と感じたのですが、もともとミス日本に選ばれるほど美人だったにしても、この毎日の努力 は半端ではないと思いませんか? 美空ひばりさんも、あれほど歌がうまかったのに、やはり歌の練習は怠らなかったそうです。美しい人、輝いている人は、や はり日頃からそれなりに努力をしているのだと思います。ケイシーは、リーディングのなかで何度も「忍耐強く、根気強く、あきらめないで、毎日継続する」こ との大切さを説いていました。オイルマッサージやひまし油湿布、野菜と果物をしっかり摂る、というのは、比較的簡単に出来ることですが、それでもこれを毎 日、継続する、というのは並大抵の努力ではないと思います。
 ある成功したビジネスマンの方が、自分はラッキーだと周りから言われるけど、長年の努力の積み重ねがあって今があることに誰も言及しない、と言われていたのがとても印象的でした。どんな分野でも、日々の小さな努力をずっと続ける。これが大切なのだと思います。

ページトップへ




メニュー
スペシャル