ケイシーリーディングにみるウツのケーススタディ



リーディング番号1133
 47歳女性、心配症、ウツ、消化不良、不眠
1)オステオパシー(整骨)・・・3週間行い2、3週間休み、また繰り返す
2)インピーダンスの使用(1回1時間。もし身体が休息を必要としていれば、1日2回行ってもよい)
3)身体が疲れない程度に十分な運動をすること。身体が常に温かい状態に保つこと
4)バランスのとれた良い食事をすること。甘いものは食べ過ぎないこと
5)可能な限り心地よい環境をつくること


リーディング番号1609

 49歳男性、ウツ、疲労感、イライラ
1)ひまし油湿布・・・温度は出来るだけ熱くして、肝臓から右下腹部にかけて。その後重曹湯で腹部の油を拭き取る。
週に3〜4日間、夕方1時間半ほど行う。
2)オステオパシー(整骨)・・・ひまし油湿布を行った直後に行う。穏やかなソフトなもので尾骨から胸椎あたりを中心に。


リーディング番号5544

 47歳男性、ウツ、不安、幻覚、腸からの出血
1)整骨
2)バイオレットレイの施術
3)洗腸・・・週に1回を4、5週続けて行う
4)アルカリ性の高い食事


リーディング番号3630
 53歳女性、頭痛、身体に不快な感じ、胃の不調
1)洗腸・・・トータルで18回前後行う
2)オイルマッサージ・・・洗腸のあと毎回、腹部を中心に全身にオイルでマッサージを行う。
3)インピーダンス装置の使用
4)食事中、お粥状になったものや、クリーム状になったものを頻繁に食べる
5)自分に対してではなく、他人に対し哀れみの気持ちを持つこと。人に対し何か助けになるような行為をすること


 




次へ
学級新聞へ戻る

HOME