エドガーケイシー学園エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎



今夜も眠れない・・・(奥沢通信17号)より

今夜も眠れない・・・(奥沢通信17号)より

都会では、24時 間営業の店も多く、明け方まで深夜番組があったりして、夜通し起きている人も多いようです。かく言う私もその一人。早寝早起きが苦手で、放っておくと明け 方に始まるニュース番組を見てから眠りにつくこともあり、美容に悪い、と思いながら、真夜中に本を読んだりビデオを見たりして過ごしています。

 でも、そんな私でも寝付きはいいんです。眠ろうとして眠れないのは、年に10日 あるかないか。海外に滞在しているとき以外は、枕に頭をつけたとたんに寝ています。その日に嫌なことがあったり、心配なことがあると、そればかり考えてし まって眠れなくなる方が多いと思いますが、私は、不愉快なことがあっても、すぐに忘れてしまう(余りに忘れすぎて、怒っている人を更に怒らせてしまうこと もありますが・・・)ので、色々考えて眠れない、ということがあまりないようです。というより、悩んだりイライラするのが嫌いで、何かに悩んでいると、そ の問題を考えないようにするために、かえって睡眠時間が増えたりするくらいです。(でも、去年、ある外人に不愉快な言いがかりをつけられたときには、あま りに憤慨して英語で言い返すことができず、後で「ああ言えば良かった、こう言えば良かった」と後悔しきりで、後からうまい英語での喧嘩の表現を考えて、目 が醒めてしまった夜が数日ありましたが・・・)

・・・というわけで、私自身は不眠で悩んだ経験があまりないのですが、最近は不眠で悩む方も多いということで、エドガー・ケイシーが不眠症の方にどうアドバイスをしていたかを調べてみました。

 ケイシーは不眠症についてのリーディングを、4歳から78歳までの72名の方に行っています(ただし、他の症状との混合もあります)。

 不眠症の主な要因として、心配のしすぎ、悩みすぎといった精神的なものを上げたものが約1/3あります。

 肉体的な要因としては、更年期、関節炎、手術後の後遺症、癌などもあげられていますが、一般的には、消化不良や排泄不良があるために、それが体内に毒素を作り出し、神経に悪影響を与えている、あるいは背骨の歪みが神経系統に作用して眠れない、ということがあるようです。

 リーディングによると、不眠症の改善のためにケイシーは、昼間、肉体が適度な疲れを感じる程度の活動をすること(身体を痛めつけるほどの労働ではなく)、インピーダンス装置を使用すること(このとき、瞑想をすると更に効果的です)の2つを主に勧めています。

  消化不良や排泄不良の改善のためには、野菜や果物をしっかりとること。ただし、食べ合わせによっては身体に毒素を作ってしまうので、食事のメニューに気を つける必要があります。さらに、ひまし油湿布や洗腸、蒸気浴などの体内毒素の排泄もあわせて行ってください。その他オイルマッサージや背骨の調整、バレリ アンやパッションフラワー、カモミール茶などのハーブも勧められています。(蒸気浴は家庭では、なかなかできないと思いますので、私は腰湯をお勧めしてい ます。可能であれば、腰湯のあとには、ご家族の方に、30分くらいかけてオイルマッサージをしてもらってください)

  心配のしすぎ、悩みすぎにケイシーは、他のもっと困っている人、もっと深刻なことで悩んでいる人たちのサポートをすることを勧めています。人間は、誰か人 のために働いているときには自分の悩みを忘れています。そして自分の内面だけに向いていた意識が社会へと導かれていき、魂が喜びを感じることで、結果的に は自分の悩みを解決します。もちろん、その人のことで、また新たな悩みが増えてしまうようでは困りますが・・・・。

 また精神的、霊的な学びとして霊的な書物を読む、瞑想をすることもケイシーはアドバイスしています。眠れないなら、いっそのこと、難しいシュタイナーの本でも読んでみてはいかがでしょうか?あまりに難しいので、すぐに眠くなるかもしれません・・・・。

 性格的に心配性で眠れないという方は、バッチのフラワーレメディ(ホワイトチェストナットやレッドチェストナット、アスペンなど)をお勧めします。これは、ご自分の性格や症状にあわせて飲んで下さい(フラワーレメディについて詳しく知りたい方はテンプル・ビューティフルのHPをご参照下さい)。

  その他、夜、ニュースは見ない(特に寝る前2時間はニュースではなく、静かなクラッシック音楽やヒーリング音楽にする)、就寝2時間前から照明を蛍光灯で はなく、暖かみのある間接照明に変えて、身体に今は夜であること、もうすぐ寝る時間であることを知ってもらう、毎日同じ時間にベッドに入り、身体にリズム を覚えてもらうことも大切です。私は自宅では蛍光灯を使わず、間接照明だけで過ごしていますが、そのほうが、身体にも優しいように思います。それから電磁 波予防のためにベッド廻りのコンセントも抜いておいて下さいね。

それではおやすみなさい・・・。

ページトップへ




メニュー
スペシャル